海外旅行保険を比較する必要性とは?あると安心する補償の話

海外旅行保険に加入する意味と比較ポイント

気になる保険事情

日本もだいぶ豊かになり、気軽に海外旅行へ行けるようになりました。また、グローバルな会社が増え、海外出張に出かける頻度も高くなっています。この場合海外旅行保険へ加入しますが、どのくらい保険でカバーできるのか気になっている人もいます。

高額な保険金が支払われた事例

no.1

一番高いのは病気や怪我をさせた時

宿泊先で気分が悪くなり、救急搬送。その途中で意識不明になり残念ながら亡くなってしまったという事例があります。海外旅行保険で支払われた金額は、1000万円~2000万円です。救援者に支払う100万円程の費用も保険でカバーしました。他にも手術が必要な状況の場合は、200万円くらいの保険金がおります。また相手を怪我させた場合も同様に数千万円の保険金が支払われています。

no.2

転倒や事故による怪我

海外で車を運転中、大きな事故を起こしてしまった場合の事例では、現地で数か月の入院と帰国後も続けて治療を必要となりました。この時点で保険の限度額が超えてしまい支払いができない状況でしたが、現地の自動車保険で賄えました。この時に下りた金額は治療費で700万円、救援者に支払われたのは300万円でした。

no.3

ホテルや寮でのトラブル

海外の大学で借りている寮が自分の不注意で水浸しになったり、バスタブにお湯を入れている最中に就寝してしまい水浸しにしたりなどの事例も多く報告されています。この時に支払われる金額は、およそ50万円~90万円です。深刻な状態じゃなければ保険金でなんとかなるでしょう。

no.4

窃盗による被害

人が集まる駅や街には、日本人を狙った窃盗団がうようよしています。無理やりかばんをひったくるので驚いてしまい身動きが取れない状態になります。海外旅行保険に加入しておけば20万円から30万円近くの保険金を受け取れるので、精神的ダメージはそこまで大きくありません。

no.5

天候や飛行機トラブルによる欠航

予定していた日に帰国できない場合、ホテル代や食事代がまたかかってしまいます。費用計画をたててきている人もいるので、想定外のアクシデントに頭が痛いでしょう。この場合も海外旅行保険があれば、数万円の援助が受けられます。

海外旅行保険を比較する必要性とは?あると安心する補償の話

女性

最も重要な補償

海外旅行中に使う確率が高うのは治療費補償です。海外で怪我や病気をして入院した場合、保険なしで数百万円はかかります。もちろん実費なので旅費より高くつくでしょう。死亡する確率よりも病気や怪我に見舞われる確率の方が高いので、治療費賠償額を比較して保険を選ぶ必要があります。

携行品損害も忘れたくない

加入時、特に重要視したいのが治療費補償ともう一つ携行品損害補償です。しかし、ターゲットは自分の持ち物なので、保険で補償する場合リスクが高くなってしまいます。自分が怪我をするわけではないですから、そのような扱うになるのも頷けます。とはいえ、楽しく旅行をしている最中に、大切な物を盗まれたら気分も落ち込んでしまいます。そういう精神的ショックを少しでも減らすために携行品損害補償が必要なのです。

自分でチョイスできる

自由にオーダーメイドができる海外旅行保険プランでは、一番重要な補償をつけて不要なものを外すということが可能です。一般的なプランと比較しても、オーダーメイドの方が保険料お得なケースもあります。